LINE 売上構成と推移〜今後は値上がりの影響を受けるか?〜

▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 1 
 0 
 0 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

2011年に初版がリリースされて以降、
年々ユーザー数を伸ばしてきて、
2013年7月21日には世界累計で
ユーザ数が2億人を突破したLINE。

改めてこれまでのユーザー数の伸びを見てみると、

2011年12月23日:1,000万人
2012年4月18日:3,000万人
2012年7月26日:5,000万人
2012年11月30日:8000万人
2013年1月18日:1億人
2013年4月3日:1億5,000万人
2013年7月21日:2億人
e72d3f2f

リリース当初の伸びは緩やかだったものの、
2013年に入ってからは急激にユーザー数も
増加しているのがわかります。

スポンサードリンク

LINEプリペイドカード

では次に、ユーザー数の増加に伴って
売上がどのように推移してきたのかを見てみます。

売上高も急上昇

単純に計算してみても
1年前に比べてユーザー数は2倍になっています。

ですが、売上の増加率は
予想を遥かに超える数字を記録しています。

2012年度4-6月期:3.0億円
2013年度1-3月期:58.5億円
2013年度4-6月期:97.7億円

20130808181149

いかがでしょうか?
2012年度4-6月期と2013年度4-6月期を比較すると、
約32.5倍にまで売上が増加しています。

2013年の1-3月期と比較しても
約1.67倍増加していますから、
LINEの勢いが凄まじいことが伺えます。

スポンサードリンク

売上構成を比較

LINEの売上を担っているのは
もちろん有料サービス

無料ゲーム内での課金サービスであったり、
トークで活躍するスタンプなどですね。

line-stanp

では、これらの有料サービスが
どの程度の売上を占めていて、
どのように推移したのかという点を見てみます。

【2013年度1-3月期】

  • ユーザー数:1億5,000万人
  • 売上:58.5億円
  • ゲーム課金:29億円
  • スタンプ課金:17億円

【2013年度4-6月期】

  • ユーザー数:2億人
  • 売上:97.7億円
  • ゲーム課金:51億円
  • スタンプ課金:26億円

比較してみると、
とりわけ売上を伸ばしているのは
ゲームでの課金
だということがわかりますね。

 AppStoreの値上がりの影響はあるのか?

10月18日にAppStoreで配信されている
アプリが値上がりしたことを受け
LINEのスタンプやアプリ内の課金サービスも
値上がりするということになりました。

たった数十円の値上がりとはいえ
やはりユーザーの反応はネガティブな意見が多いです。

この値上がりが影響が
LINEの有料サービスにどこまで及ぶのか・・・
注目して今後の動向を見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

当サイトでよく読まれている人気記事

7538
▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 1 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

いいね!をすると当サイトの更新情報が得られます。

当サイト内での検索はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ