LINE@の効果的な使い方事例

▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

一般的なLINEの使い道といえば
トークや無料通話のコミュニケーションや、
空き時間にゲームを楽しむというのがメインでしょう。

ですが、これだけLINEが全世界に浸透しているとなると、
企業側・店舗側も放って置くわけがありません。

そんな中登場したサービスが
LINE@」というもの。

LINE@は2012年12月4日にリリースされたので、
まだまだ試行錯誤している人の方が多いかもしれません。

そこで、今回の記事では、
いち早くLINE@を店舗に導入し、
売上増加に繋がった事例を紹介していきます。

スポンサードリンク

LINEプリペイドカード

そもそも「LINE@」とは?

公式HPで詳細が紹介されていますが、
一言で表すと「O2O向けのLINE商用サービス」になります。
0231_column_1

ちなみに「O2O」とは「Online to Offline」の略称。

ネット上からネット外の実地での行動を促す施策や、
ネット上での情報接触行動をもって
実地での購買行動に影響を与える施策のことです。
※参照→Web担当者Forum

LINE@にはメッセージ送信機能や
3種類のページ作成機能などが搭載されていて、
友だちの上限は「1万人」になっています。

スポンサードリンク

LINE@の成功事例

リリースされてまだ間もないにも関わらず、
LINE@導入後わずか1周間で売上が150%増加し
3ヶ月で友だちが1万人に達したという事例を紹介します。

今回の事例で紹介させていただくのは、
10〜20代の女性向けファッションブランド
LIP SERVICE:リップサービス」です。
logo_2_0001

ちなみに、現時点での友だち数は「3万人」とのこと。

ガイアックス・ソーシャルメディア・ラボ
特集されているのですが、
SNSの使い方が非常に効果的だと言えます。

LINE@以外にもFacebookやTwitter、
そしてブログも利用していて、
それぞれで発信する内容を工夫しているんですね。
saved_quote_image_154572

それぞれのSNSに意味合いを持たせ、
使い方を工夫しているからこそ、
いち早く結果に繋げることが出来たのでしょう。

ちなみに、LIP SERVICEのLINE@の使い方は、
自動返信機能とPRページのクーポン配布
上手く組み合わせています。

ガイアックスの特集では、
LINE@導入の経緯から各SNSの使い方が
赤裸々に語られているので
ぜひとも参考にしていただきたいページです。

LIP SERVICEではこの成功事例を基に、
他のアパレルブランドでもO2Oを強化していくようです。

ブランドによって年代や特性が異なるため、
上記のノウハウをアレンジする必要がありますが、
ここでも結果を出すことが出来れば、
非常に強固かつ効果的なノウハウが確立されますね。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

当サイトでよく読まれている人気記事

7538
▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

いいね!をすると当サイトの更新情報が得られます。

当サイト内での検索はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ