LINEモールの仕組みは?楽天やAmazon、ヤフオクとの違い

▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月7日から行われている
LINEの通販モールアプリ
LINE MALL:ラインモール」の
先行出品ユーザー募集。

LINE-MALL001

そもそもLINEモールとは何なのかというと、
LINEに登録してあるユーザーであれば
手軽に商品の売買が出来るという
スマホ用のアプリです。

一般公開に先立ち行われている
今回の先行出品ユーザー募集ですが、
どのようなメリットがあるのかというと、
出品数に応じたポイントが付与されるとのこと。

このポイントはLINEモールが一般公開された後、
商品を購入する際の割引として
利用することが出来るそうです。

LINEモールの特徴は?

同様のサービスとして思い浮かぶのが、
楽天」や「Amazon」などがあると思います。

amazon-rakuten

この2社と比較してどのような差別化を図るのか
という部分がポイントになってくるのですが、
LINEモールは「個人間の売買」を中心に置くことで、
差別化を図るとのことです。

楽天やAmazonは主に法人(個人事業主)の出店が中心ですが、
LINEモールは出店というより「出品」という
イメージをした方がわかりやすいかもしれません。

ということは、形式的には
ヤフオク:Yahooオークション」に近いと言えそう。

yahoauc

スポンサードリンク

出店にかかる費用は?

出店する側は出店に必要な手数料や
月額費用というものはなく、
売上高に応じた手数料をLINEに支払う
というようなシステムになっています。

そのため誰でも気軽に出店出来そうな感じがしますが、
LINE側はここでしっかり収益を生むことが出来るのか
という部分も気になりますね。

ユーザーに普及するかどうかは
実際に蓋を開けて見なければわからないですが、
LINEモールの開始に先立ち、
ホリエモンこと堀江貴文氏が自身の見解を述べています。

lzD3v0LXgUcAuTzjDL0KHiBRq2tRgPdl

果たして普及するのか?

LINEは国内でも4500万人以上が登録していますから、
ネームバリューには非常に期待出来ます。

が、LINEモールの普及のためには
ユーザーにとってどのようなメリットがあるのか?
個人情報の管理には問題がないのか?
などを明確にする必要があると言えるので、
爆発的には普及しないと考えられます。

130821_linemall2

日用雑貨をネットで買うなら楽天やAmazon、
掘り出し物を買うならヤフオクというように、
消費者の中には既にイメージが根付いているので、
LINEモールがここにどうやって食い込んでいくのか
ということも鍵になってくると言えますね。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

当サイトでよく読まれている人気記事

7538
▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

いいね!をすると当サイトの更新情報が得られます。

当サイト内での検索はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ