年末年始の利用に要注意?メールの代わりにLINEであけおめ!

▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年も残すところ残り1ヶ月弱、
年末に向けて仕事もプライベートも
忙しくなってくる時期ですね。

それがある程度落ち着けば
年末は家族や友人とのんびり年を越して、
年始もそのままゆっくり過ごす〜
という方も多いのではないでしょうか?

そして、年末、特に年を越した瞬間に
欠かすことの出来ない一言といえば?

スポンサードリンク

LINEプリペイドカード ・・・そう「明けましておめでとう!
の一言ですよね。

o0532061012357473564

言わない人なんて存在しないのでは?
というくらいの鉄板ワードです(笑)

それに伴い「あけおめメール」を送るという人も
少なくないのではないでしょうか。

そんなの送らないという人も
中にはいるかもしれませんが、
中高生くらいの世代の人にとっては
「明けましておめでとう」と言うのと
同じような感じだと思います。

あけおめメールがなくなるか?

僕が高校生〜大学生の時は
当たり前のように「あけおめメール」を
毎年友人に送っていたのですが・・・。

もしかしたら、この習慣が
今年はかなり薄くなるんじゃないかな?と思います。

その理由というのが「LINE」の普及です。

mzl.acplvjmn

国内だけでも登録者数が5000万人を突破する勢い、
世界では3億人を突破する目処も立っています。

爆発的にここまで普及してきたわけですが、
それに伴い携帯やスマホの
メール機能をあまり利用しなくなったのでは ?

アドレスを聞くよりも簡単に連絡先が交換出来ますし、
複数人で同時にやり取りも出来ますから、
メールよりも遥かに効率的だと言えます。

それゆえ、これまで「あけおめメール」を
送っていた人たちはもしかしたら
あけおめLINE」に切り替えるのではないか?
と考えられます。

スポンサードリンク

あけおめLINEという概念

「あけおめメール」を送る世代というのは
10代〜20代がメインの世代になっていると思われます。

これくらいの世代は流行に敏感ですから
常日頃からLINEを使っていることでしょう。

なので、わざわざメールではなく、
LINEであけおめのメッセージを送るようになると
思うんですね。

LINEにはクリスマスやお正月など
季節のイベントに応じた
テンプレートが準備されていて
それを無料で使うことが出来ます。

top

しかも、ここで作ったカードは
LINEだけではなくメールでも送ることが出来ます。

ここまでクオリティが高く、なおかつ手軽、
メールを使う理由が見当たらなくなってしまいそうです(苦笑)

年越し前後の利用には要注意!

昨年末にもLINE公式ブログで喚起されたのですが、
年末年始の「おめでとうLINE」は
Wi-Fiに接続してご利用下さい】というものです。

 

大みそかから元日の午前0時前後から
約30分間(最大数時間)は、LINEだけでなく、
従来の電話やメール、TwitterなどのSNSサービスを利用して
「あけましておめでとう」の送受信が集中するため、
電気通信事業者(通信キャリア)側が通信制限をかけ、
回線が混み合いつながりづらくなる場合もあります

 

弊社側でもサーバーを増強するなど準備をしていますが、
通信キャリア側の負担を軽減するために、
スマートフォンの通信回線(3G/LTE回線)の混雑を
できるだけ避けることにご協力ください。

 

具体的には、ご自宅で契約している無線LANや
公共の場で提供されている公衆無線LANサービスが利用できる方は、
Wi-Fi設定をオンにしてインターネットに接続し、
LINEをご利用いただくようお願い致します。

LINE公式ブログより引用

d4bf256e1

メールの場合もそうなのですが、
年越し前後って送受信がままならないんですよね。

これと同様の症状がLINEでも発生することが予想されるので、
なるべく協力するようにしたいものですね☆

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

当サイトでよく読まれている人気記事

7538
▼この記事をシェアしよう!
 0 
 0 
 0 
 0 
 0 

よくツイートされる記事

いいね!をすると当サイトの更新情報が得られます。

当サイト内での検索はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ